GitLabのサーバ移行

GitLabのサーバ移行を行なったのでメモを残します。

環境は
– CentOS 7
– GitLab CE 11.10.3

Omnibus packageでインストールしていたので、他の方法でインストールしてる場合は手順が異なるかもしれません。
まずはサーバを移行するためには下記のファイルの移行が必要です。

  • リポジトリやDBのバックアップ
    • /var/opt/gitlab/backups
  • GitLab設定ファイル
    • /etc/gitlab
  • Git LFSのデータ(Git LFSを使用している場合)
    • /mnt/storage/lfs-objects

  1. アプリケーションデータのバックアップ
$ sudo gitlab-rake gitlab:backup:create

コマンド実行後、/var/opt/gitlab/backups配下にtarファイルが作成されているかを確認しましょう。

例
1558489099_2019_05_22_11.10.3_gitlab_backup.tar
  1. 設定ファイルのバックアップ
$ sudo tar -zcvf ~/$(date "+%s_%Y_%m_%d_etc_gitlab.tar.gz") -C /etc gitlab

コマンド実行後、ホームディレクトリ配下にgzファイルが作成されているかを確認しましょう。

例
1558489099_2019_05_22_etc_gitlab.tar.gz
  1. Git LFSファイルのバックアップ
$ sudo tar -zcvf ~/$(date "+%s_%Y_%m_%d_lfs-objects.tar.gz") -C /mnt/storage/ lfs-objects
例
1558489099_2019_05_22_lfs-objects.tar.gz

  1. バックアップしたファイルを新サーバのホームディレクトリへ移動。Gitlabはインストールしておくこと。

  2. アプリケーションデータのリストア

ファイルを移動

$ cd ~
$ sudo mv 1558489099_2019_05_22_11.10.3_gitlab_backup.tar /var/opt/gitlab/backups

リストアコマンド

$ sudo gitlab-rake gitlab:backup:restore BACKUP=1558489099_2019_05_22_11.10.3
  1. 設定ファイルのリストア
$ cd ~
$ sudo tar -zxvf  ~/1558489099_2019_05_22_etc_gitlab.tar.gz
$ sudo mv gitlab /etc/gitlab
  1. git-lfsファイル
$ cd ~
$ sudo tar -zxvf  ~/1558489099_2019_05_22_lfs-objects.tar.gz
$ sudo mv lfs-objects /mnt/storage/
  1. Gitlabの再設定および再起動
$ sudo gitlab-ctl reconfigure
$ sudo gitlab-ctl restart

以上

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする